前へ
次へ

養育費は再請求や金額変更の要求ができる

子供が居なければ、離婚はそれほど難しくないかもしれません。
しかし子供がいる時はいろいろな問題があります。
どちらも子供の親であり続けますが、主に育てる役割を持つ親権者にはどちらかしかなれません。
一般的には母親がなるケースが多いとされますが、すべてのケースであてはまるわけではありません。
何とか親権者の問題は解決したとして、養育費をどうするかの問題があります。
もちろん離婚時に決めておき、この時に決めた内容によって親権者でない方の親は親権者に支払いをします。
子供の父親は子供の母親に一定額を支払居続ける必要があります。
金額の決め方にもいろいろな方法があります。
もし養育費をいらないと言ったとき、最初に決めた金額が少ない時、多い時などはどうなるかです。
金額に関しては、将来において変更することができます。
それぞれの事情は将来的に変わる可能性があるためです。
変更を希望するときに裁判所などに訴えて、最初に決めた金額を変更してもらいます。

時間を気にするなら引越し業者ではなく専門業者へ
不用品の処分に時間をかけたくないなら専門業者にご依頼しましょう

汚くなってしまったお部屋を片付ける豆知識もご紹介
業者選びがご自身で片付けられるポイントまで回収専科がご紹介しています

大阪ゴミ屋敷回収業者おすすめ5選

不用品回収 吹田

不用品回収 豊中

Page Top